WEBライティング

【忘れない】記憶を改善する3つの方法【最短3ステップ】

記憶を改善する3つの方法

 

効率よく勉強したつもりが次の日には忘れてしまう…
記憶力さえあればいいのにな…

こういった疑問に答えます。

記事のテーマ【忘れない】記憶を改善する3つの方法【最短3ステップ】

本記事では「もっと自分が記憶できれば良いのにな」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「記憶力の上げ方」がわかるように成ると思います。

それでは、早速見ていきましょう。

読者さんにお時間を取らせないために結論から言います。

結論:アウトプット復習

復習が大切だとよく言われていると思いますが、タイミングや復習の質が重要です。なので、適当なときに復習したり、復習しすぎたりはよくありません。時間を無駄にしてしまいます。

RyouChan
知ってるか知っていないかで大きな差がつくので、しっかりと要点を抑えていきましょう。

アウトプット復習とは

アウトプット復習とは?

大きく分けてこの3つです。

  • 要約でまとめる
  • 誰かに話す
  • 実践練習(ワーク)

箇条書きを見ただけでどのようなことがアウトプット復習と言えるのか、わかっていただけたと思います。

特に1,2については

「CREC法」(略conclusion reason exanple conclusion)が効果的です。

  1. C:結論
  2. R:理由(観点)
  3. E:例
  4. C:結論

この順序でノートに書き出したり(なぐり書きでもOK)、友達に話たりすることで、自分の脳により良く刺激を与え、記憶させることが出来ます。

 

RyouChan
具体例はこんな感じだよ
1.C:結論読書はすべきではない
2.R:理由時間:持ち運び
3.E:例1.5倍速聴き:スマホで読める
4.C:結論読書はすべきではない

 

復習のタイミングはいつ?

質の高い復習をするには、最適なタイミングが存在しています。下記に箇条書きでまとめてみました。

記憶を忘却するまでの期間

・20分で全体の4割
・2時間で6割
・一日で7割
・一ヶ月で8割

を忘れています。

つまり20分、2時間、一日、一ヶ月後に復習するのが良いと言えます。

まとめ

アウトプット復習が効果的!【質】と【タイミング】
・質「CREC法」(結論→理由→例→結論)
・タイミング 20分、2時間、一日、一ヶ月後に復習するのが良い

以上【忘れない】記憶力の上げ方【最短3ステップ】でした。

-WEBライティング
-, ,

© 2020 りょうチャンネル